HSP×看護師

【体験談】看護師を辞めてよかったこと、後悔してること。失敗しないための準備を解説

  • 看護師を辞めたいけど収入が不安で辞められない
  • 看護師を辞めて後悔してる人ってどんな人?
  • 看護師を辞めた後、やりたいことがなくて不安

「看護師を辞めたいけど本当に辞めていいのかな」と悩んでいませんか?

身体的にも精神的にも過酷な看護師の仕事。辞めたいと思っている人は約6割以上いるといわれています。

しかし「看護師を辞めて後悔したくない」と悩みながら看護師を続けている人も多くいます。

一方で実際に看護師をやめて後悔している人がいることも事実です。

後悔しないためにも準備をしておくことは大切です。

この記事では「看護師を辞めてよかったことや後悔していること」「看護師を辞めるまでの準備」を体験談とともに解説いたします。

この記事を読むと看護師を辞めて後悔しないための方法を知ることが出来ます。

看護師を辞めたくなる理由は?

看護師をしている人なら誰しも一度は「看護師を辞めたい。」と考えたことがあるのではないでしょうか。

看護師は「責任の重さ」「感染のリスク」から精神的疲労が大きい仕事です。

実際に「看護師を辞めたい」と考えるている人は多くいます。

看護師のつらい理由で6割以上を占めたのが「責任の重さ」でした。

辞めたくなる3つの理由

1.責任が重い

看護師の仕事は失敗が許されないことが多く責任がとても重いです。

特に病院で働く看護師は命にかかわる業務がほとんど。ミスの許されない輸血や点滴の管理、誤薬、窒息、転倒などのリスクもあり常に緊張状態が続きます。

トイレの中しかホッとできる場所がなかったなぁ。

2.人間関係の悩み

女性の割合が多くチームで働くことの多い看護の現場は人間関係の悩みをかかえる人も多くいます。

実際に転職アドバイザーに「転職理由」を聞いたところ、8割以上の人は人間関係に悩み転職をしていることがわかりました。
 

  • 医師や先輩がこわすぎる
  • 派閥にふりまわされる
  • いじめが多い
  • 看護師は性格がキツい人が多い

特に新人看護師は、先輩看護師にキツく当たられたり派閥にふりまわされることも。

3.不規則な生活リズム

病院や施設は昼夜問わず働くシフト勤務

不規則な生活リズムから、不眠や生理不順など体調を崩す看護師も多いようです。

職場別の辞めたい理由

職場によっても悩みはさまざま。

辞めたい看護師のリアルな声

ある看護師はずっと私への態度や様子が違います。注意と言うより責めながら言われます。

新卒看護師 辞めたいです/Yahoo!知恵袋

就職先は希望していた急性期病棟なのですが、日々の忙しさと責任の重さに耐えられません。 

看護師辞めたいです/Yahoo!知恵袋

夜勤明けは自律神経がおかしくなり、眠れない日があったり、明けに行動すると次の日まで疲労を引きずることもあります。自己免疫が低下しているようで、カンジダになったりものもらいになります。

25歳看護師3年目/Yahoo!知恵袋

責任の重さや人間関係、夜勤で体調をくずしてしまうことから辞めたい人が多いようです。

看護師を辞めてよかったこと

看護師を辞める3つのメリット

実際に看護師をやめて感じたメリットは以下の通りです。

1.健康になった

看護師の仕事はとにかく重労働。身体的にも精神的にもきついのが本音…(´;ω;`)

こんな悩みはありませんか?

  • 腰が痛い
  • 肌あれがひどい
  • 寝つきが悪い、寝ても眠い
  • 過食、食欲がない
  • 生理痛がひどくなった
  • 元気が出ない

実際に私も急性期の病棟で働いていた時はボロボロでした。

腰にコルセット。ストレスで肌荒れ…。夜勤明けで眠剤が手放せなくなり自律神経を崩し心療内科に通いながら仕事をしていた頃もありました。

しかし看護師を辞めた今はすっかり健康体に。

中には夜勤をやめただけでも体調が劇的によくなった人もいます。(私の母も看護師ですが、夜勤をやめただけで健康になったとか…。)

「看護師を辞めたから…」というよりは、夜勤をやめて調子が良くなったのかもしれません。

2.ストレスが減った

看護師を辞めてからはとにかくストレスが減りました

自律神経失調症となり通院をしていたのですが、辞めてからは通院も不要に。ストレスからくる身体への影響ってすごいんだなぁと実感しました。

3.プライベートが充実

身体的にも精神的にも、かなり楽になったので仕事以外の時間が充実するようになりました。

看護師として仕事をしている時は、家に帰ってきてもぐったりでソファから起き上がれないことも。

買い物に行くと「自分へのご褒美を爆買い」。看護師として働いていた頃はストレスからお金使いもすごく荒かったです(´;ω;`)

リアルな声は…

看護師を辞めたことで後悔している人は少ないようです。

看護師を辞められない理由

「看護師を辞めたい」と思っていても、なかなか辞める決断ができない人も多くいます。(私もそうでした…。)

私が看護師を辞められなかった理由は2つ

  1. お金の不安
  2. 辞めることへの罪悪感

お金の不安

まず1番は「お金の不安」でした。

「看護師でいてよかったこと」のアンケート結果は以下の通りです。

約半数の人が雇用と経済的安定を看護師のメリットとあげています。

つまり看護師を辞める=雇用と経済的な安定を失うことになりかねないということです。

お金の不安から「本当は辞めたけど辞められない」看護師も多いのではないでしょうか。

辞めることへの罪悪感

2つ目の理由は「罪悪感」です。

「せっかく看護学校に行かせてもらったのに」

「せっかく頑張って資格をとったのに」

こうした思考が罪悪感のようにのしかかり辞められない理由となっていきました。

お金も時間もたくさんかけてとった資格…。やめたらお母さん悲しむだろうなぁ。

看護師を辞めて後悔したこと

「看護師を辞めて後悔はしていない」と答えた人がいる一方で辞めて後悔している人がいることも事実です。

ここからは、私の失敗談とともにご紹介します。

1.収入が減った

看護師がどれだけ収入面で恵まれていたか思い知らされました。

私の住む県では最低賃金は約800円程です。※看護師パートの平均時給は1500円。

収入が減ってしまう分、やりがいを強く感じなければ続きません。よっぽど「楽しい」「仕事が大好き」と思えないと、結局働くことがつらくなってしまうからです。

それどころか嫌な思いをして「お金のため」だけに働くなら収入のいい看護師をしている方が働くモチベーションになることも。

2.人間悩みは変わらない

人と仕事をする以上、人間関係の悩みから解放されることはありません。

それどころか看護師の職場より人間関係が悪いところは多くあります。

無資格でも働ける職場の場合、人間関係の悩みが悪化することも。

3.面接に受からない

看護師として面接に行き「受からなかった経験」をした方は少ないのではないでしょうか。

今まで看護師の転職で苦労したことがなかった私も、正直転職をなめていました

某有名カフェへ面接に行くも結果は見事に不採用…。看護師以外は未経験。きびしい世の中だぁ…。
転職に成功した看護師さんも◎

看護師を辞めるまでのステップ

ここからは、実際に看護師を辞めて後悔しないために知っておくことをまとめました。

1.辞めたい理由を明確にする

まず最初に辞めたい理由を明確にします。

看護師を辞める前に考えておくことで決断後の後悔を減らせるからです。

辞めたい理由をはっきりしておくことで看護師を辞めずに解決方法が見つかる可能性もあります

  • 夜勤がキツイ⇒日勤の職場
  • 残業が多くてしんどい⇒急変の少ない「介護がメイン」の職場
  • チームで働くのが苦手⇒自分のペースで働く「訪問看護」
  • 病院の雰囲気に疲れてしまう⇒「企業や保育園」医療行為のない職場
  • 人間関係にすぐ悩む⇒スタッフと関わらない「派遣看護師」

辞めること以外の選択で解決できることも◎

辞める以外の選択

  1. 休職
  2. 部署移動
  3. 転職

実際に私も、転職をして悩みが解決したこともあります。

特に人間関係で悩んでいる看護師の場合は、転職先の選び方で解決できる場合も多くあります。

なぜなら、同じ看護師でも職場や雇用形態で人間関係のストレスをへらすことが出来るからです。

人間関係に悩んでいる看護師さんにおすすめなのが転職サイトの利用です。

転職サイトではアドバイザーの方が内部事情を聞き出してくれます。

企業側も時間と労力をかけて採用した人材が早期退職してしまうのは悩みです。その為「人間関係」についても隠さず教えてくれる企業が増えています。中には「お金がよければいい」「残業がなければいい」という看護師さんもいるので。

内部事情を求職者に伝えるは企業側にもメリットがあるんですね。

「おつぼねがいる」「残業が多い」「シフトがメチャクチャ」など事前に分かるのはめちゃめちゃうれしい。

実際に人間関係に悩みやすい人におすすめの職場をアドバイザーにきいてみました♪

1番のおすすめは「訪問看護師」

訪問看護は病院での人間関係に疲れてしまった人が転職先に選びやすいのでやさしい人が多いんです。チームで働くことよりも「自分のペースで働きたい人」が集まる傾向があります。

⇒ちなみに推奨しない職場もきいてみました。

おすすめしないのは「クリニック」です。人気なので1度働くと長期間働く人が多く求人がなかなかでません。逆にいつも求人がでている所は「人間関係が悪い」か「医院長の質が悪いか」ですね。

転職サイトでは、求職者の性格も考慮して転職先を選んでくれるので自分で探すよりも失敗のリスクがへります。

人間関係が原因で転職を繰り返している看護師さんは一度利用してみる価値があるので、ぜひ無料登録してみてください。

転職サイトはLINE相談で気軽にやり取りのできる「看護のお仕事 」がおすすめです。

≫【体験談】看護のお仕事で転職するメリット、デメリット

2.お金の準備をする

2つめのステップはお金の準備です。

  1. 生活費の確保
  2. 失業保険について知る

生活費の確保

看護師を辞めると収入が減る可能性が高いです。
家賃の安いところへ引っ越す可能性もでてくる人も。最低でも失業手当がでるまでの3か月分は必要な生活費を貯めておくと安心です。

失業保険について知る

失業保険は自分で手続きをしないともらえないお金です。職場に用意してもらう書類もあるので、事前にしっかり理解しておく必要があります。

3.円満退職に向けた準備をする

看護師は円満退職が非常に難しいです。

どこも看護師不足なので高確率で引き止められます。

中にはしつこい引き止めにあったり、不利な条件を出してくる職場も。

「有給を消化させてくれなかった。」「退職金をカットされた」なんてことにならない為にも円満退職したいですよね。

過去4回の転職をした私が1番円満に退職した理由は「引っ越し」でした。

今すぐ辞めたい!!!上司が嫌いすぎて退職届を出すことすらいや!!!

「言い出すのがこわくてなかなか辞められない」「不利な条件で言いくるめられそう・・」

そんな方におすすめなのが退職代行サービスです。

退職代行で退職する際は、会社や上司への連絡は不要です。退職の連絡・交渉だけでなく、退職届の提出や貸与物の返却すらも代行してくれるので会社に顔を出す必要はありません。

もう明日から行きたくない…。病棟に行くだけで具合が悪くなってしまう。そんな方には全力でおすすめです!

値段はちょっと高めですが…嫌な上司と話す必要もなく、お菓子を持って退職のあいさつをしなくて済む代行サービスは最終手段にもってこいです。

東京都労働委員会認証の労働組合のサービスなので安心して利用できます。

≫【退職代行ガーディアン】 無料相談はこちら

4.新しいスキルを身につける

後悔しないために準備しておくこと4つめは「新しいスキルを身につける」です。

冒頭でもご紹介した通り、看護師をやめて後悔している人の理由は「収入の減少」と「雇用が不安定」です。

これはきびしい言い方をすると「新しいスキルを身につけないと働くことが難しい」とも言い換えられます。

やりたいことが明確にある場合は置いておいて、中には「新しく何を学んだいいかわからない」人もいると思います。

そんな方におすすめなのが、看護師の経験と自分の興味があることをかけあわせる方法です。

看護師の経験を最大限に発揮できる仕事がたくさんあります。

⇒ 例えば

  • 看護師 × 心理カウンセラー
  • 看護師 × ヨガトレーナー
  • 看護師 × アロマセラピスト

看護師の資格があると説得力がちがいますね。

他にもネット上で看護師の知識をいかせる仕事もあります。

  • 看護師の経験をいかしてネット記事をかく
  • 看護師体験談をブログにかく

まさにこの記事も看護師の経験があったからこそできるブログです。

特にHSP(繊細気質の方)は「在宅ワークの仕事もあるんだ」と知っておくだけでも、気持ちが軽くなります。

※看護師さんはHSPの方が多いとのデータも。

在宅ワークやHSP(繊細気質)については、以下の記事で詳しく解説しています。

≫【HSPおすすめ在宅ワーク】初心者向けの7選、はじめ方を解説

≫HSPとは?HSPあるあると対処法を解説

看護師を辞めてやりたいことがない方へ

最後に「看護師を辞めてやりたいことがない」人におすすめの働き方をまとめました。

実際に私も「看護師辞めてなにしよう」と悩んでいました。

「看護師を辞めた後にやりたいことがない人」にとって派遣看護師に転職するはおすすめです。

なぜなら、いきなり看護師を辞めると収入の低さに後悔してしまうことになってしまうからです。

少ない勤務日数で高収入を得られる派遣看護師は、時間にも余裕ができ新しいスキルを身につけたい人におすすめの働き方。

新しいスキルを身につける他にも 派遣看護師をしながら「自分の好きな仕事をすること」もできます。

せっかく自分が好きな仕事に出会えたとしても、収入が減ってしまうことは十分に考えられます。

そんな時、収入に対するストレスが原因でまた看護師に戻らなければならないなんて状況にも。

派遣看護師では長時間勤務にしばられることなく、生活に必要な最低限の収入が得られます。

具体的には

・週2日派遣看護師として働き、週5日はスキルを身につける時間にする

・週1,2日を単発の派遣看護師として働き、週3日好きな仕事をする

たとえ「好きな仕事」が時給850円だとしても週3日働いて約80,000円。看護師の給料と合わせれば充分に生活していける給料です。

【体験談】派遣看護師

実際に私も看護師をやめる前の2年間は派遣看護師をしていました。

有料老人ホームで週に2、3日8時間勤務。日給は約15,000円程で月16万~18万の給料をもらっていました。

派遣看護師+「自分の好きな仕事」をする場合、もうひとつ大きなメリットがあります。

それは「看護師を辞める罪悪感」を感じなくていいことです。

「看護師の資格を無駄にしてしまった」と罪悪感におしつぶされるどころか、「看護師の資格があるからこそ好きなことができる」と考えられるように。

「派遣看護師ってデメリットはないの?」と思った方は、登録の前に以下の記事をチェックしてみてください。

【体験談】働いてわかった派遣看護師のメリットデメリット

まとめ:辞めるか悩んでいる看護師さんへ

まだまだ「転職」には悪いイメージがあります。

「3年は努めないとダメ」「正社員じゃないとダメ」そんな考えが根強く残っていた日本ですが『終身雇用の崩壊』と言われている今、転職推奨派が増えてきました。

仕事は相性です。自分に合わない職場で働き続けるのはデメリットしかありません。

「看護師向いていないな」と悩みながら、ボロボロになるまで続けてしまう看護師さんいます。

あらためて看護師を辞めて後悔しないための4つの準備をまとめると

  1. 辞めたい理由を明確にする
  2. お金の準備をする
  3. 円満退職に向けた準備をする
  4. 新しいスキルを身につける

「今すぐ辞めたい」「辞めてあとのやりたいことが見つからない」方は、派遣看護師で最低限の生活費を稼ぎながら新しいスキルを身につける方法がおすすめです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

ツイッターでは繊細ママの日常を発信してます! なこ (nacots1)をフォローよろしくお願いします♪

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA